HOME > 絆ブログ

絆ブログ

私立高校説明会

IMG_2321.JPG

今日は笠間校・小美玉校の中学3年生を対象として、私立・常総学院高校の高野先生にお越しいただき、高校の説明会を開きました。
生徒たちは、高校での生活がどんなものになるか、興味を持って話を聞いていました。

この貴重な機会に生徒たちも、受験が近づいて来ていることを感じてくれたと思います。
私立入試まではあと約4カ月、県立入試まではあと169日、悔いのない毎日を過ごしていってほしいです。

学習塾絆 稲見

「7」どう読むの?

 
 7月の「7」。「しち」と読んだり,「なな」と読んだり,どっちなんでしょう。
 「シチ」は音読み,「なな」は訓読み。「4」の「シ」と「よん」も同様。数えるときは,「イチ,ニ,サン,シ,ゴ,ロク,シチ,ハチ,キュウ,ジュウ」の人が多いかな。
 でも,カウントダウンは,「ジュウ,キュウ,ハチ,なな,ロク,ゴ,よん,サン,ニ,イチ」。不思議ですね。
 では,七夕の「7月7日」の読み方は?
 みなさんの今年の願い事は?
 
学習塾絆 園部栄一

7月!

 7月は英語で“July”。
 ローマの政治家Julius Caesar(ユリウス・カエサル)にちなんでつけられています。以前は「ジュリアス・シーザー」って言っていましたけどね。
 ちなみに,8月は“August”。ローマの皇帝Augustus(アウグストゥス)に由来してます。
 7日は「七夕」です。みんなはどんな願い事をするのかな。
 夢が実現するように,一人一人を全力で応援していきたいと思います。

学習塾絆 園部栄一

親子の関係

来週から塾での保護者面談が始まりますが、小学生の保護者の方からよく「子供に勉強を教えていると、つい感情的になってしまう」という声を聞きます。
今日はその辺りで実際に感じたことを書いていきます。

先月、先々月の臨時休校の際、ずっと家にいる生活を送りましたが、小学校や保育園に行っている息子たちも休みのため、生まれてからはじめて?一日中子供たちと一緒に家にいる生活となりました。
いや~子供たちと一緒にいるとすごくパワーを奪われます!保育園の先生はすごいなとつくづく感じます・・

そんな中、小学2年生の息子の宿題を見ながら自分も一緒に勉強していると、わからない所を質問してきました。
始めは丁寧に教えていましたが、だんだん質問が増えてきて説明してもわかってもらえなくなると「だ~か~ら~」とか「聞いてるの!?」といった感じで、自分も例のごとく感情的になっていました(笑)
きっと頭の片隅で「自分の子は説明すればわかってくれる」と思っていたからなんでしょうね。
でも子供からしたら初めて見る問題と向かい合っているわけですから、一回聞いただけでわからないのはしょうがないんですよね。

子供に物事を教える時は根気強さが必要ですね。

学習塾絆 稲見

IMG_2154.JPG

水無月!

 6月は「水無月(みなづき)」。「水の無い月」なんて変だと思いますが,“無”は“の”にあたる連体助詞なので,「水の月」になります。田植えが終わり,田に水を張っておく必要があるからですね。
 6月は祝日もなく,子どもながらにとても長く感じた記憶があります。祝日ではないけど,父の日がありますね。母の日同様,感謝の気持ちを伝えられるといいですね。
 いよいよ学校が始まり,本格的に学習に取り組むことができます。精一杯がんばっていきましょう!
 
学習塾 絆 園部栄一

GWの宿題の思い出!

 「GW」で思い出すのは,中学校の宿題。「俳句を三つ作ってくる」というものでした。一つはなかなかいいものができたのですが,あと二つができない。悩んだ末に作ったのが;

 こどもの日 屋根より高い こいのぼり

 兄さんと ちまき食べ食べ 背くらべ

 国語の先生が,悪い例としてみんなの前で発表しました。誰かはばれなかったんですが,とても恥ずかしかったのを覚えています。
 しかし,もしあの童謡『こいのぼり』を誰も知らなかったら,私の俳句はきっと教科書に載るくらい素晴らしい作品ではないかと・・・。

学習塾 絆 園部栄一

五月病 今昔 そして 今年...

 「5月」と言えば「五月病」。以前は,「必死で受験勉強をしてきた人が,いざ進学すると,急に目標を失ってしまって,何をしたらよいか分からなくなってしまうこと」でした。しかし,最近は,「新入生や新社会人が新しい環境に適応できず,焦り,ストレスを感じ,気持ちが落ち込んだり,不安定になったりすること」を言うようです。と言うことは,今はもうその現象はないの?
 今年は新型コロナウイルスが,社会や個人に甚大な被害を与えています。どうか今月中に,先の見えない不安が解消されることを祈るばかりです。

学習塾 絆 園部栄一

県立入試お疲れ様!

受験生の皆さん、県立入試お疲れさまでした!
コロナウイルスの影響で学校が急遽休みになり、入試に対する気持ちの整理がつきにくいまま本番を迎える形になって、本当に大変だったと思います。

そして問題傾向も大きく変わっていましたね・・・今年の受験生は本当に精神的に疲れたと思いますsweat02
そんな疲れた中ですが、絆の受験生には試験が終わった後も教室に来てもらい、しっかり自己採点までやっていってもらいました。

傾向が変わって戸惑いも少なからずあったと思いますが、みんないつもと同じくらいの点数が取れていました。
やれることはやってきたので、後は結果を待ちましょうup

問題分析を少しします。どの教科も記述問題が増えて、中身をしっかり理解してそれを表現する力がないと、点数に結びつかないようになってきました。
数学は、これまで計算だけできればある程度点数が取れていましたが、今年の問題は単純な計算問題がなく、どの問題も考える力を必要としていました。
英語では英文を書く問題が増えて、読む・聞くに加えて、自分の考えを英語で書くという力を求められるようになってきました。

来年度からの入試傾向も、今年のように記述問題が増えていき、表現力をより求められるようになっていくと感じました。
普段の授業の中で、いかに頭を使って問題と向き合っていくかが大事になると思いました。
これから受験をする中2生や中1生に、そのような授業を展開していかなければ!

学習塾絆 稲見

有終の美を飾る!

「合格への絆」2・3月号の中の記事より一部を紹介します。
 
有終の美を飾る!

1月は「行く」,2月は「逃げる」,3月は「去る」と言われるように,3学期はあっと言う間に過ぎていく気がします。
この時期は,1年間のまとめの時期です。分からないところをそのままにして,次の学年に進級してしまうことのないように,授業の1時間1時間を大切にするとともに,家庭でもしっかりと学習に励んでください。
「終わり良ければ,すべて良し」という言葉がありますが,この時期に1年間のまとめをしっかりとしておけば,必ず次年度に良いスタートを切れるはずです。有終の美を飾りましょう!

1年の計は元旦にあり!

「合格への絆」1月号の中の記事より一部を紹介します。

新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 さて,塾生の皆さんの新年の抱負はどのようなものでしょうか?皆さんの中には,年賀状に,「勉強がんばるぞ!」とか「絶対合格するぞ!」とか書いた人もいるのではないでしょうか。年が新しくなると,何か今までの自分よりも良くなりたいという,自然で純粋な気持ちになるものです。まだの人は今日,新年の抱負を立ててみましょう。
 
今年は子年!どんな年になるかな?   
 
●「子年」に込められた意味
 子年は新しい運気のサイクルの始まりです。植物に例えると成長に向かって種子が膨らみ始める時期であり,未来への大いなる可能性を感じさせます。また,ねずみは「ねずみ算」と言う言葉があるほど,子どもをどんどん産んで数を増やしていくことから「子孫繁栄」の象徴でもあります。
 株式市場にも「子年は繁栄」という格言があり,株価が上昇する傾向にあると言われています。2020年の東京オリンピック・パラリンピックによる経済効果を考えると,その格言もあながち間違いではなさそうですね。
 
●子年の人の性格と特徴
 「ねずみ=寝ず身」とされ,真面目にコツコツと働く人が多いようです。倹約家で不要なものにお金を使わないため,若いうちから財を成すことができます。また,鋭い勘とひらめきを持ち「火事の前にはねずみがいなくなる」「ねずみは沈む船を去る」などのことわざがあるほどです。どんな状況でもその危機察知能力を活かせば,人生を難なく歩んでいけるでしょう。
 また,ねずみはどこでも生きていけるだけに,人や場所をえり好みしません。環境への適応能力が高く,誰にでも合わせられるのが特徴です。コミュニケーション能力に長けているので,自然と周りに人を惹きつけるでしょう。
 

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ