HOME > 絆ブログ > 稲見 祐樹 > 教室長チェンジ

絆ブログ

< 地球のステージinみの~れ  |  一覧へ戻る  |  笠間校教室長 園部です! >

教室長チェンジ

春になって新しい生活が始まりましたね!
新しい学校、新しい学年、新しいクラス、新しい仲間・・・春独特の雰囲気をみなさん感じていると思います。

今日は娘の小学校の入学式がありました。
式の中で名前を呼ばれて返事をしていましたが、あまり聞こえませんでした。。。
これからはっきりあいさつができる子になってほしいと思います。期待しましょう。

学習塾絆でも、この度初めて講師の異動がありました。
これまでずっと笠間校で教室長をやってきた私、稲見が小美玉校へ、ずっと小美玉校で教室長をやってきた園部先生が笠間校へとチェンジしました。

久しぶりの環境の変化に、自分も春を感じている次第です。


これから小美玉校の教室長として、園部先生には負けない若さを武器に(笑)、教室を盛り上げていきたいと思っています。

学習塾絆 稲見

カテゴリ:

< 地球のステージinみの~れ  |  一覧へ戻る  |  笠間校教室長 園部です! >

同じカテゴリの記事

185点UP!

20210215152859811_0001 - コピー_LI.jpg

今年も無事、県立高校入試が終わり結果が出揃いました。
合格した生徒の合格体験記の一部はこちらから見れます。

今年の受験生の中で、絆始まって以来、過去最高の成績の伸びを出した生徒がいるので紹介します。
約半年で点数が185点、偏差値が19UPし、最終的に桜ノ牧高校に合格をしました。


この生徒は中学3年生の4月に入塾し、始めは中学1・2年生の内容が抜けているからと、勉強する内容を自由に決められる個別授業の受講でスタートしました。
毎週土曜日に90分の授業を行い、次の授業までに1週間分の宿題をやってくる、この繰り返しを7月まで行い、1・2年生の英語と数学の重要部分を復習しました。
7月に初めて受けた新教研テストでは、5教科合計160点、偏差値39という結果でした。

塾での学習時間を増やすため、夏期講習から集団授業に移り変えました。
この頃から、授業後に残って自習をしていくようになりました。
夏休み最後に受けた結果は、5教科合計244点、偏差値46でした。

入塾当初の目標は石岡一高でしたが、届きそうなのを実感したのか、目標校を桜ノ牧高校に変えました。
ここで満足せず更に上を目指す姿勢がよかったと思います。

年が明け、いよいよ私立入試が始まりました。ただ、思うような結果は得られませんでした。
その後の面談で、お正月にサボってしまったことを反省していました。
そこからまた新たに気持ちを入れ替えて、県立本番までいこうと誓いました。

1月末に行った最後の新教研テストの結果は、5教科345点、偏差値57。
始めの結果から比較すると、点数が185点、偏差値が19UPという結果を残しました。


振り返ってみると、この子は普段からよく「絶対受かる」「絶対合格する」という言葉を口にしていました。
たとえ根拠がなくても、ポジティブな言葉をたくさん口にしていると、本当にそうなりそうな気がするので不思議なものです。
これから成績を上げたいと思っている方、まずは口に出してみましょう。

学習塾絆 稲見


コロナ対策

笠間校で行っているコロナ対策を紹介します。

image2.jpeg
消毒液
教室に入る前は消毒しましょう

image3.jpeg
アクリル板
隣りの席との間に

image1.jpeg
パーティション
自習室にも

image0.jpeg
UV除菌付きの加湿器
教室が乾燥しないように

kizuna_176.JPG
空気清浄機
部屋中キレイ 花粉対策にも


学習塾絆 稲見

私立高校説明会

IMG_2321.JPG

今日は笠間校・小美玉校の中学3年生を対象として、私立・常総学院高校の高野先生にお越しいただき、高校の説明会を開きました。
生徒たちは、高校での生活がどんなものになるか、興味を持って話を聞いていました。

この貴重な機会に生徒たちも、受験が近づいて来ていることを感じてくれたと思います。
私立入試まではあと約4カ月、県立入試まではあと169日、悔いのない毎日を過ごしていってほしいです。

学習塾絆 稲見

親子の関係

来週から塾での保護者面談が始まりますが、小学生の保護者の方からよく「子供に勉強を教えていると、つい感情的になってしまう」という声を聞きます。
今日はその辺りで実際に感じたことを書いていきます。

先月、先々月の臨時休校の際、ずっと家にいる生活を送りましたが、小学校や保育園に行っている息子たちも休みのため、生まれてからはじめて?一日中子供たちと一緒に家にいる生活となりました。
いや~子供たちと一緒にいるとすごくパワーを奪われます!保育園の先生はすごいなとつくづく感じます・・

そんな中、小学2年生の息子の宿題を見ながら自分も一緒に勉強していると、わからない所を質問してきました。
始めは丁寧に教えていましたが、だんだん質問が増えてきて説明してもわかってもらえなくなると「だ~か~ら~」とか「聞いてるの!?」といった感じで、自分も例のごとく感情的になっていました(笑)
きっと頭の片隅で「自分の子は説明すればわかってくれる」と思っていたからなんでしょうね。
でも子供からしたら初めて見る問題と向かい合っているわけですから、一回聞いただけでわからないのはしょうがないんですよね。

子供に物事を教える時は根気強さが必要ですね。

学習塾絆 稲見

IMG_2154.JPG

県立入試お疲れ様!

受験生の皆さん、県立入試お疲れさまでした!
コロナウイルスの影響で学校が急遽休みになり、入試に対する気持ちの整理がつきにくいまま本番を迎える形になって、本当に大変だったと思います。

そして問題傾向も大きく変わっていましたね・・・今年の受験生は本当に精神的に疲れたと思いますsweat02
そんな疲れた中ですが、絆の受験生には試験が終わった後も教室に来てもらい、しっかり自己採点までやっていってもらいました。

傾向が変わって戸惑いも少なからずあったと思いますが、みんないつもと同じくらいの点数が取れていました。
やれることはやってきたので、後は結果を待ちましょうup

問題分析を少しします。どの教科も記述問題が増えて、中身をしっかり理解してそれを表現する力がないと、点数に結びつかないようになってきました。
数学は、これまで計算だけできればある程度点数が取れていましたが、今年の問題は単純な計算問題がなく、どの問題も考える力を必要としていました。
英語では英文を書く問題が増えて、読む・聞くに加えて、自分の考えを英語で書くという力を求められるようになってきました。

来年度からの入試傾向も、今年のように記述問題が増えていき、表現力をより求められるようになっていくと感じました。
普段の授業の中で、いかに頭を使って問題と向き合っていくかが大事になると思いました。
これから受験をする中2生や中1生に、そのような授業を展開していかなければ!

学習塾絆 稲見

このページのトップへ