HOME > 絆ブログ > 鈴木 俊一 > 地球のステージinみの~れ

絆ブログ

< 185点UP!  |  一覧へ戻る  |  教室長チェンジ >

地球のステージinみの~れ

小美玉市のみの~れにて、美野里中の1年生と「地球のステージ」をみてきました。
estage-estage1-lonaes-300x169.jpg
桑山医師が世界各地で見てきた、「地球のステージ」での人間模様を、ギターやバイオリンを演奏し歌を歌いながら、疑似体験できました。コロナ禍で、海外どころか県外にも移動しづらい現在、1年生の地理では、世界各国を勉強していても、それは、まさに、机上の空論でしかなかったものが、映像と音楽を通して、学び、考える、絶好の機会であったと思います。
estage-estage1-everest-300x169.jpg
最初に、五大陸の最高峰を「見てきた」という話を聞いているうちに、私が美野里中に通っていたころにみた映画を思い出しました。植村直己物語という映画です。植村直己氏は、五大陸の最高峰を実際に「登った」ことが30年以上の時を超えてよみがえってきました。映画を見て、植村直己氏にあこがれ、私も山登りをしたい、探検したい、と思うようになったのが、中学時代でした。その後、父と茨城県北部にある男体山を登りにいったのを覚えています。しかし、見るのと実際に体験するのとでは大きな違いがあり、現在もあこがれのままです。

中学校時代にみた、聞いた、体験したことは、その後の人生の土台となる大事な時期であると思います。この時期に、この「地球のステージ」に出会えた人と、出会えない人とでは、大きな違いが生まれてくると思いました。

私も、この「地球のステージ」に出会えて本当に良かったです。そして、これに携われて幸せです。ありがとうございます

学習塾絆 鈴木俊一



桑山医師のブログ 熱き人々、茨城県人 ↓
        https://blog.e-stageone.org/?p=7091





カテゴリ:

< 185点UP!  |  一覧へ戻る  |  教室長チェンジ >

同じカテゴリの記事

茨城アストロプラネッツ背番号16

茨城アストロプラネッツ.jpg

茨城アストロプラネッツ
の背番号16番、矢萩陽一郎投手が学習塾絆に挨拶に来てくださいました。
ありがとうございます
矢萩選手は、学習塾絆の卒業生です。
彼が勉強していた姿を今でも、思い出すことができます。
来月からは、笠間市民球場で練習が始まるとのことです。
今後の活躍をますます応援しています!

学習塾絆 鈴木俊一

PS なんと茨城アストロプラネッツの切手に、矢萩陽一郎選手があったので、思わず買ってしまいました。
すっすごい!

20210218_170242.jpg


茨城アストロプラネッツ

アストロプラネッツ.jpg
卒塾生
である茨城アストロプラネッツの矢萩陽一郎選手の出陣式に行ってまいりました。
絆を巣立っていった生徒の成長ぶりを見れることこそ、幸せなことはありません。
なんか、自分がプロ野球選手になったような嬉しい気分になりました。
学習だけでなく、スポーツにも頑張っていた当時の姿が思い出されます。
また、岡田兄弟にもお会いできました。二人とも社会人として立派に成長していました。
さらに驚くべきは、すでに結婚していたことです。おめでとうございます!
なんと、8月には令和頑年生まれのお子様も誕生するとか。
これからのみなさんの活躍を楽しみにしています。

学習塾絆 鈴木俊一


美野里中学校にて薬物乱用防止教室

5a8e06f2351a2.jpg
美野里中学校の体育館で1年生に薬物乱用防止教室を実施しました。薬物の恐ろしさや生命の素晴らしさについてのお話をしてまいりました。生徒たちは真剣に話を聞き,絶対に薬物乱用をしないという強い気持ちをもつことができました。
http://www.city.omitama.ibaraki.jp/minori-j/viewer/print.html?id=255

大学合格&就職内定

今日は卒塾生が大学合格の報告に来てくださいました。
ありがとうございます
1人は、水戸三高から茨城キリスト教大学に、
もう一人は、常磐大学高校から東洋大学に、
合格したと輝いた表情で来てくれました。
おめでとうございます!

その子たちから、就職もみんな内定もらってるという話も聞くことができました。
いろんな生徒たちの成長ぶりを感じれることこそ、うれしいことはありません。

学習塾 絆 鈴木俊一

中央高校での講演

tyuuoukoukou.jpg
台風一過
の暑い中、県立中央高校で、「薬物乱用防止教室」の講演をしてきました。
茨城県内でも、中高生が薬物乱用で逮捕されるということが起こっています。
有名人が薬物乱用で逮捕されても、テレビの中の出来事ですが、自分たちの身近なところでも、そういう事件が起こっているんだという、他人事ではなく、自分事として捉えてもらえたらと思って話をしました。
そして、家族や友人などが、その行動によって、喜ぶかどうかを判断基準にしてもらえたらいいと思いました。
「乱用」というと、何回も薬物を使っていることをイメージするかもしれませんが、薬物は、一回でも使用すると、「乱用」になるので、ゼッタイにダメということを伝えてきました。
今日の授業に、この講演を聞いていた生徒がいたので、感想を聞いたところ、「暑くて眠かった」とひとこと。
まさか、私が、高校で話をするなんてと、驚いていた卒塾生もいました。
何かあったら、また、来てね! いや、何もなくてもオウケイ!

学習塾 絆 代表 鈴木俊一



このページのトップへ